明鏡止水☆色即是空

うつ闘病記、婚活、日本一周旅行、公務員回想録を主としたブログです

趣味という名の赤い糸。いよいよデート前日!

またしても1人に絞ることになった婚活。こうなったらゆかりちゃん一筋で一直線にいくしかない。週末のデートを楽しみに、この1週間は仕事も頑張れてウキウキな1週間となった。

 

毎日の過ごし方は、朝と昼にLINEを1通ずつ、そしてお互いが落ち着く夜9時頃から電話を1~2時間するという1週間だった。

 

それはもう、文字に起こすのが憚られるような浮かれよう(;^_^A まだ会ったことも無い人なのに、なぜこうも気楽にやり取りができるのか?しかも自然と下ネタまでできてしまう関係になっていて、自分でも驚いてしまった。

 

普通こういう話はよっぽど親密になってからしかできない性格なのに、どんどん自分を引き出されるというような。これもゆかりちゃんが上手いこと本来の"私"を引き出してくれるおかげだろう。

 

そんなある日、アニメやゲームの話をしていた時に驚いたことがあった。

「・・・そう言えば、ゆかりちゃんの名前を聞いた時、昔やってたゲームのことが真っ先に浮かんじゃったよ(笑)」

 

「えっ?そうなんですか?もしかしてときメモ?」

 

驚いた、まさかゆかりちゃんの口から【ときメモ】というフレーズが出るとは。確かにときメモは90年代を代表する恋愛シミュレーションゲームで、結構社会的ニュースにもなったので、知名度はあるほうだろう。

 

とはいえ知らない人のほうが多いだろうし、ましてや【ゆかり】というキャラクターはゲームをプレイしていない限り知らないと言っても過言ではない。

 

更には男性ならまだしも、女性でプレイしているとなるとこれはもうごく少数。一瞬のうちにこのような考えが頭の中を巡り、驚きを抑えられず言葉を発した。

 

「えっ!ゆかりちゃんときメモ知ってるの!?そうそう、ときメモ!」

「古式さんですよね~私、結構やってましたから(笑) ちなみに一番好きなのも古式さんなんですよ~」

 

「古式さんいいよね。俺は館林見晴ちゃん推しだったけど。それで・・・」

 

と、まさかのときメモ繋がりで更に話が盛り上がった。

はっきり言ってこれは奇跡に近い。この歳になってまたときメモの話ができるとは・・・当時は周りに数人やっている人がいたけど、大人になった今、彼らとときメモの話をすることはない。

 

少し前に話を振ってみたことはあるけど、ほとんど彼の記憶からは消えていて、なんとなく淋しい気持ちになったものだ。

そんな運命を感じつつ、いよいよデート前日を迎えた!

最初に会うということもあって、しゅんくんは親に預けるということで、2人で会うことになった。こちらとしてもこれはありがたかった。

 

電話でたくさんやり取りはしているけど、最初は2人っきりで会って、実際に話してどんな人か感じてみたい。それはゆかりちゃんにとっても同じだろう。

 

今日の夜もいつものように電話。

「いよいよ明日だね。確認だけど、待ち合わせは○○駅に11時、それからランチにいこう。」

「はい、バッチリです!実はあんまり電車乗らないんですけど、迷ったら連絡入れますね~」

 

「人も多いからね(笑)普段眼鏡かけていないけど、目印のために赤い眼鏡していくから。」

「えーっ伊達ですか?それはそれで見てみたいかも(笑)早く明日にならないかな?」

 

(また赤い眼鏡か!と思った読者のみなさん、ありがとうございます(笑) もう何回も登場している目印ですね( ̄▽ ̄;))

 

明日会えるというのに、今日も2時間近く、電話を楽しんだ。

これまでyoubrideの写真だけでなく、何通か写真のやり取りをしていたこともあり、会うことによる不安は一切無かった。

 

やっと、ゆかりちゃんに会える!

   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ克服法へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ