明鏡止水☆色即是空

うつ闘病記、婚活、日本一周旅行、公務員回想録を主としたブログです

ゆうちゃん&子供たちと遊園地デート③

室内へ入ると飲食できる場所がいくつかあった。何て表現したら良いのだろう、いわゆるフードコートみたいな感じで、いくつかあるお店の中から好きなものを買って、席は自由に座れるタイプのところだった。

 

4人とも意見が一致して同じ店でメニューを選ぶ。朝早起きだったこともあり、お腹はペコペコ、ガッツリしたものをチョイスする。

 

席も難なく確保することができ、食事もすぐにできたので食べながら雑談に花を咲かせた。ひろとくんはまだ1人で上手に食べることができないみたいで、ゆうちゃんがところどころ手伝っていたものの、嬉しそうにご飯を口に運ぶ。

 

一方でひなたくんは、バクバクと大人程のサイズの料理を平らげていた。バイキングに乗ってお腹が減ったかな?そんな自分もあっという間に平らげ、みんなが食べ終わるのを待ってから、また外へと繰り出した。

 

今度は何に乗ろうかな?と思っていると、

「としおくん、次はあっちへ行ってみません?ちょっと風が強くて寒いですし、ちょうど催し物がやっているみたいですよ。」

と、ゆうちゃんから提案があった。

 

確かに今日は寒い。個人的にはそれでもいいかなと思ったが、子供たちが何て言うかな?そんなことを考えて聞いていると、

「えーっ!もっと遊ぼうよ~。お願い、あれだけやりたい!」

やっぱり(笑)

 

「分かった分かった、じゃああれだけだよ?」

そう言いながらもにこやかに笑っているゆうちゃんを微笑ましく思いながら、射撃のようなアトラクションへと向かう。

やはりというか、これだけでは終わらなかった。そりゃそうだよね、子供にとって遊園地は夢のような世界。あれもこれもと楽しみたくなるだろう。

 

結局その後は、ゴーカート、水面を進むボート、迷路、といろいろ楽しむことになった。やっているうちに子供心が目を覚まし、こちらとしても思いっきり楽しむことができた。ゆうちゃんも同じように感じていたみたい。

 

特に迷路は、私とひなたくん、ゆうちゃんとひろとくんに分かれ、どっちが速く攻略するかを競い合った。

「としおくん、絶対勝とう!」

そう言うひなたくんとタッグを組み、どう考えてもこちらが有利と思われたが全力で攻略することを誓い合う(笑)

 

迷路はなかなか凝った造りになっていて、ところどころチェックポイントみたいなところがあり、そこでスタンプを押せるようになっていた。ゆうちゃん達とは入り口が違うので、そこもまた被らなくて面白い。

 

まあ子供向けだし簡単だろうと高を括っていたら・・・あれ!?さっき通った道だよ、これ。ひなたくんも同じことを感じていたらしく、

「あれー?また戻ってきちゃった。おかしいなぁ。もう1回行ってみよ?」

そういってつぶさに通っていない道が無いか調べていく。

 

・・・ところが、また同じ所へ戻ってきてしまった。遊びなのにさすがに焦りが出てくる。ここはかっこいいところを見せたいのになぁ。それから何度も道に迷いながら、ひなたくんと協力し合って、ついに隠れた横道を発見!

 

「うおーやったー!としおくんすごいよ!行こ行こ!」

まさに迷路にしてやられたが、遅れを取り戻すべく、2人して急ぎ足で先へと急いだ。

 

ゆうちゃん達が入ったコースとは、道中一緒になることはないものの、その姿を確認することはできるようになっている。先へ進むと、さらに先にゆうちゃん達の姿が見えた!

 

ゴールは一緒になっていて、辿り着いたときには既にゆうちゃん&ひろとくんペアがゴールしていた。

「えーっ!お母さんたち速~負けた~」

ガックリうなだれるひなたくん。

 

「先ゴールしちゃいましたね」

そう言って、嬉しそうなひろとくんとタッチを交わすゆうちゃん。ちょっと悔しかったけど、迷路は面白かったなぁ。みんな満足そうな表情を浮かべている。

 

動いているうちに寒さも忘れてしまったが、ここでようやく子供たちも満足したのか、ゆうちゃん希望の室内へ行くことになった。催し物とはどんなものだろうか?

 

そこへ行くまでも子供たちは元気に走り回っていて、ゆうちゃんにところどころ注意されながらも、一緒になって競争したりした。何回も往復して走り、テンションも息も上がっていたが、4人は次の遊び場となる(?)室内へと入って行った。

   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ克服法へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ