明鏡止水☆色即是空

うつ闘病記、婚活、日本一周旅行、公務員回想録を主としたブログです

熱血高校ドッジボール部サッカー編

f:id:torute3:20190927145349j:plain

こんにちは、とるてです。

いつもご覧いただきありがとうございます。

今日ご紹介するのは…熱血高校ドッジボール部サッカー編です☆

このパッケージ、以前も似たようなものをこのブログで見たような?と感じたかた、正解です!いわゆる「くにおくんシリーズ」の一つになりますね。今回はこのサッカー編について紹介していきますので、ご覧ください。

 

概要

f:id:torute3:20190927150839g:plain

(画像元:VC 熱血高校ドッジボール部 サッカー編

1990年5月テクノスジャパンから発売されたファミコンソフトになります。以前紹介したのは「ダウンタウン熱血行進曲」になりますが、こちらは同じ1990年の10月発売でしたので、短期間で発売されたことが分かりますね。

 

くにおくんシリーズはたくさん出ており、いかにこの頃人気があったかが分かるでしょう。ジャンルはその名のとおり、サッカーゲームになります。面白いのが、あくまで元はドッジボール部というところです(笑)

 

ドッジボールゲームもその前に発売されていますので、それを踏襲している形になりますね(ドッジボールについてはまた後日紹介予定です)。

 

サッカーとはいえ、このゲームでは11対11ではなく、6対6という変則になってます^^ 1分30秒ハーフですし、この辺りはリアルよりもゲーム性を重視したものになっていますので、ご愛嬌といったところでしょう。 www.torute3.com

 

内容

ファミコンソフトということもあってか、現在のゲームではなかなか見られない操作性、システムになっています。順番に紹介していきますね。

 

操作

f:id:torute3:20190927150103g:plain

(画像元:VC 熱血高校ドッジボール部 サッカー編

6人全員を操作できるわけではなく、特定のフィールドプレイヤーしか操作できません。そのキャラも試合前に決めるため、その後は試合終了まで変更不可です。ある程度は試合前の設定で、他のキャラがどんな行動をするかを選択できます。

 

試合中は攻撃であれば「シュート」か「パス」を求めることができ、守備であれば「タックル」か「スライディング」を求めることができます。しかしその求める相手は、画面下に表示される仲間キャラのうち1人だけですので、任意には選べません(;・∀・)

 

指示した相手も毎回言うことを聞いてくれるわけではなく、場面によって大丈夫であれば「OK」、ダメであれば「ムリ」と返すので、どことなくシュールですね(笑)

 

ボタンはファミコンのため、AボタンかBボタンしかないので、とても分かりやすいですよ♬ 敵も味方もコンピューターが自動的に行いますし、GKは完全にコンピューター任せです。

 

自キャラについては、十字キーで動き、攻撃も守備も同じ行動を取りますが、ボールを保持していない攻撃場面では、ダイビングヘッドとオーバーヘッドキックができます!

 

必殺シュート

f:id:torute3:20190927150303j:plain

(画像元:http://meganenagamereview.blog.jp/archives/1025831790.html

この2つを必殺シュートと言いますが、十字キーを押さずAボタンとBボタンを同時押しすると、オーバーヘッドキックになります。この技を繰り出すには、空中にあるボールに対してタイミングよく行う必要があり、結構難しいですね(;^_^A

 

要は相手にパスを要求し、ロングパスが返ってくるタイミングに合わせて押すことで必殺シュートを繰り出すことができるんです。

 

十字キー(左右どちらか)を押しながらAボタンとBボタンを同時押しすると、ダイビングヘッドになります。これは繰り出した先にボールがあれば発生するため、地面に転がっているボールに対しても繰り出すことができ、これまたシュールです(笑)

 

そしてもう1つ。ドリブルをある程度した後にシュートを打つことで、必殺シュートになることがあります。法則はありますが出すのが難しく、しかも敵が強くなるにつれて取られやすくなるので、あまりオススメしません。

 

キャラクター

f:id:torute3:20190927150416j:plain

(画像元:http://meganenagamereview.blog.jp/archives/1025831790.html

サッカー部員が全国大会出場を決めたものの、食中毒でほとんど出られなくなり、代わりにドッジボール部が出るというとんでもない内容ですが(笑)、まずドッジボール部員を簡単に紹介しましょう☆

 

【熱血高校】

・くにお ・ひろし ・こうじ ・みつひろ ・しんいち ・たかし ・すすむ ・あつし ・まさ ・げんえい

 

「ドッジボール」を知っている人は思わずにやりとするメンバーですが、前の5人がドッジボール部員、後ろの5人がサッカー部員です。ストーリーを進めるにつれて、少しずつサッカー部員が復帰していくというシステムですよ^^

 

【相手高校】

高校名だけ、対戦順に列挙しますね。

  1. 優秀院付属高校
  2. 七福学園高校
  3. 死愚魔高校
  4. マタギ学園
  5. 吉本工業高校
  6. 江戸華高校
  7. 一本釣水産高校
  8. 恐山商業高校
  9. 山本興業高校
  10. 堀々学園
  11. 服部学園
  12. 四満忠実業高校

 

どの高校も特徴的な名前ですね(笑)高校名だけで、どんなチームか大体分かってしまいます。それにしても、全国大会で12試合も勝たないと優勝できないって・・・普通じゃ考えられません( ̄▽ ̄)

 

私と熱血高校ドッジボール部サッカー編

f:id:torute3:20190927151253j:plain

(画像元:https://www.youtube.com/watch?v=QxNh3lIWlf8

実は私はこのソフトを持っていませんでした(>_<) よく友達の家へ遊びに行ったときに、友達がやっていたのを見ていましたね。そのときはなぜだかやった記憶がありません。

 

ご覧のとおり12試合もあるため、1分30秒ハーフとはいえ全部クリアするには1時間近くかかりますし、子供にはそこそこ難しい部分もありましたので、クリアしたところは見たことがありませんでしたね。

 

他のくにおくんシリーズは結構やっていましたので、どことなく気にはなっていたソフトだったんですが、最近になってPS4switchでくにおくんシリーズが詰まった【くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション】なるものが発売され、全シリーズを当時のそのまま楽しめる内容になっています☆

 

私も購入し、約30年の時を経て「熱血高校ドッジボール部サッカー編」を楽しむことができました(*^▽^*) そして・・・無事にクリアできました!

www.youtube.com

操作はすぐに慣れましたが、必殺シュートのタイミングは結構難しかったですね。後半は敵GKも結構必殺シュートを止めてきますので、その辺りも難しさを感じました。

 

服部学園に至っては、足が追い付けないくらい速く、フィールド上に石?が多数転がっているため、つまずくといった難しさもありました( ̄▽ ̄;) 

 

当時ゲームをプレイしていた人はもちろん、やったことが無い人にも取っつきやすいゲームだと思いますので、ぜひプレイしてみてくださいね♬

 

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ克服法へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ