明鏡止水☆色即是空

うつ闘病記、婚活、日本一周旅行、公務員回想録を主としたブログです

天国と地獄

ゆうちゃんからの返信はなかなか無かった。気もそぞろに無理矢理にカラオケへ意識を向ける。心なしか、いつも歌う十八番の曲も点数が出ない。心の状態までもカラオケ採点に見破られてしまうのか・・・

 

そんな気持ちで残り時間があと少しに迫った頃、LINEの通知が携帯に表示された!飛びついて開きたい衝動を抑え、歌っていた曲を歌いきる。どんな返事だろうか?良い返事だろうか?それとも・・・

 

恐る恐る携帯を手に取り、LINEを開く。私はメッセージ内容が通知の際には表示されないように設定しているため、アプリを開かないと内容は確認できない。祈るような気持ちでアプリを開く。

「としおくん、本当にごめんなさい!・・・」

最初の一文を見て頭が真っ白になった。終わった。急速に脱力感が襲ってきて、やってしまったという思いが脳内だけでなく、体全身を駆け巡る。心にずしりと重い錠前がかかったかのように、暗澹たる思いに染まってしまった。

 

そんな朦朧とした意識の中、続きの文を読んでいく。

「そうですよね、でしたら再来週の土曜日はいかがでしょうか?としおくんの都合も考えずごめんなさい💦また教えてくださいねm(__)m」

 

あれ!?一瞬何が何だか分からず、理解するのに少し時間がかかったが、理解すると同時に天にも昇るような気持ちになった!良かった、早とちりし過ぎてしまった!こんな狼狽える姿を他人に見られてしまったら、さすがに恥ずかしい。

 

天国から地獄、そして地獄から天国へ舞い戻ってきたような気持ちで、とても気分が高揚していた。まあ勝手に自分の頭の中で繰り広げられていたことではあるが・・・すぐに返信はせず、残り時間のカラオケを気分良く楽しむことができた。

 

ホント単純だな。こんなことで一喜一憂している自分が恥ずかしくもあり、それでも止められない、なんなんだろう恋愛って。心の有り様で、他事の見え方も随分と変わってくる。心が安定していることって本当に大切だと痛感しつつも、かといって一人で生きる勇気もない。

 

そんなことを考えつつ、店を後にしてからゆうちゃんへ返信した。

「再来週の土曜日、大丈夫だよ。楽しみにしてるね^^ 行きたい場所は決まったかな?ぼちぼち決めていけるといいね。」

 

大人になってから一日一日がとても早く感じるが、ゆうちゃんと会える日が来週から再来週になったというだけで、とても長く感じてしまう。まだそんなに先なのか。

 

子供の頃は毎日が新鮮で、楽しみがいくつもあったからこそ、このような気持ちでいられたのかな。だとしたら長く感じるということは良いことだ、そう思うとあと2週間という日も、楽しく過ごすことができそうな気がしてくる。

 

夜にゆうちゃんからメッセージが入った。

「せっかくですし、遊園地なんてどうですか?○○だったら私がとしおくんの家まで行きますし、××なら私の家まできてもらっていいですか?意見聞かせてくださいね☆」

 

遊園地!もうすっかり行ってないし、遊園地なら子供たちとも一緒に楽しめそうだ。それに道中は車で行くから、車内でおしゃべりを楽しむこともできる。うん、この提案はありがたい。

 

「遊園地いいね!じゃあせっかくの機会だし、××へ行こうよ^^ ××へは行ったことがないので、個人的にも行ってみたいです(笑) 楽しみにしてるね~」

 

よし、行く場所も決まった!さすがにこうなればキャンセルということもないだろう。ゆうちゃんや子供たちと遊園地で遊ぶ様子を妄想しながら、一日一日を楽しく過ごしていった。

   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ克服法へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ