明鏡止水☆色即是空

うつ闘病記、婚活、日本一周旅行、公務員回想録を主としたブログです

さやさんとデート

ついにさやさんとのお見合い当日を迎えた。ぐっすり眠ることができて目覚めも良し、天気も良くて最高のお見合い日和となった。サッと体を起こして身支度を整えていく。不思議と緊張は無い。

 

さやさんは関西圏在住なので正直結構遠くに住んでいる。とはいえ列車を使って行けばそんなにアクセスは悪くないので、そういう意味でも今日は楽チンだ。最寄りの駅から列車に乗り、さやさんとの待ち合わせ場所へ向かう。

 

車窓を眺めたり音楽を聴いたりしながら列車に揺られる。私はこの時間が大好きだ。誰にも邪魔されない自分だけの時間。うっかり寝てしまわないよう、携帯を構ったりしながらも、その心地良さに身を委ねていった。

 

「おはようございます。今列車に乗っているところです。目印はグレーのコートに赤い眼鏡です。分からなかったらまた連絡しますね。」

・・・どこかで見た目印だと思った人はさすがです(笑)分かりやすい目印なので、敢えてこの時だけしてるということで悪しからず。

 

2回の乗り換えを経て、ようやく目的地である駅へと到着した。初めてのところだけど、結構都会だな~。列車を降りて周囲を見渡す。集合時間にはまだ時間があったので、さやさんもまだ来ていないだろう。

改札を出てふと目に入った女性が、さやさんっぽく見えた!しかし写真で見た印象とは違っても見えるし・・・集合時間まではあと10分、早く来ている可能性もあるだろう。

 

しかし確信が持てなかったので眼鏡をすることなく、しばらく様子を見ていた。その間にもたくさん人が往来していく。待ち合わせをしているらしき女性は他にもいるが、明らかにさやさんとは違っていた。

 

集合時間5分前くらいにさやさんからLINEが入った。

「お疲れさまです。到着しましたので改札前の辺りでお待ちしていますね。グレーのコートを着ています。」

 

・・・ということはやはり最初にさやさんと思った女性だろうか?グレーのコートだし、携帯に目を落としている。こちらも時間になりそうだったので眼鏡を装着し、さやさんへLINEを返す。

 

「到着しました!すぐ行きますね。」

するとさやさんらしき人は携帯から目を離し、辺りをキョロキョロし始めた。やっぱりこのかたがさやさんだったか!

 

さやさんも私に気付いたらしく、お互い歩み寄った。

「さやさんですか?」「としおさんですか?」

「はじめまして、よろしくお願いします。」

 

毎日LINEしているとはいえ、お互いかしこまった挨拶を交わし、はたから見たらとてもカップルには見えなかっただろう。挨拶もそこそこにさやさんが話し始める。

「では早速ですけど、お店のほうへ行きましょう。」

そうして、さやさんについていく形で駅を出た。

 

さやさんは写真で見た印象とは結構違っていた。写真では快活そうな雰囲気で見た目も明るそうな感じだったが、実際は大人しそうな雰囲気で控えめな印象を受けた。まだしっかり話していないので緊張しているだけなのかもしれないが。

 

「思っていたより都会なんですね。」

店まで無言ではつらいので、適当に会話を切り出す。

「そうですか?私は住んで5年くらいになりますけど、程良い感じですね。」

 

しばらく雑談を交わしながら、徒歩5分程度で店へ到着した。

「ここです。気に入ってくださるといいんですが。」

そう言いながら、さやさんは緊張した面持ちで店へ入っていく。

 

客はまばらで、落ち着いた雰囲気の店だった。イタリア料理店だけど、木造チックな良い雰囲気の店内、私はこういう店が好きなので素直に良い店だなって思った。そのままさやさんへ伝えると、とても嬉しそうに微笑む。

 

あらかじめ予約してあった席へと案内され、さやさんが説明してくれた。

「こちらにランチのコースがあって、パスタやピザ、ドリンクが選べるようになっています。コース以外が良ければ、こちらのほうから選んでくださいね。」

お互いランチコースにし、好みのパスタを注文した。

 

対面に向かい合って見ると、少し緊張してきた。

「としおさん、今日はこんな遠くまで来ていただき、本当にありがとうございます。なんかすみませんでした。コンシェルジュに希望の場所、いくつか入れたんですけど、ここを提案されて・・・」

さやさんはやはりこの点を気にしているみたいだった。

 

「そうだったんですね。いや、気にしなくていいですよ!私も可能な場所を入力しただけですし、その辺りはやはりコンシェルジュも考慮していると思いますよ。」

そう言うと、さやさんは少しホッとしたような表情を浮かべる。

 

コンシェルジュも恐らく、希望地が複数あったならば、なるべく女性側の負担を減らすように調整しているんだと思う。昔でいう仲人みたいな感じで面白い機能だな~と改めて思った。

 

そうこうしているうちに料理が運ばれてきて、食べながらお互いのコトを話し始めた。

   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ克服法へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ