明鏡止水☆色即是空

うつ闘病記、婚活、日本一周旅行、公務員回想録を主としたブログです

自分で決めることの大切さ

f:id:torute3:20180718172347j:plain

こんにちは、とるてです。

今日は題目のとおり、自分で決めることの大切さについて書いていきます。

なぜ自分で決めることが大切なのか。

他人に決めてもらったことは悪いことなのか。

その辺りについて考察していきたいと思います。

 

現状について

みなさんは現状について満足していますか?

それとも不満を持っていますか?

満足している人については読む必要が無いかもしれませんが、人生何が起こるか分かりません。今後の参考のためにも頭の片隅に入れておいてください。

不満を持っているかたや、現状を変えたい人はぜひ読んでみてください。

 

過去の記憶

 f:id:torute3:20180718172508j:plain

子供の頃の記憶を辿ってみましょう。

中学・高校・大学、このような進路選択を決めたのは誰ですか?

入った部活を決めたのは誰ですか?

友達や恋人を選択したのは誰ですか?

 

就職先を決めたのは誰ですか?

辞職を決めたのは誰ですか?

結婚を決めたのは誰ですか?

離婚を決めたのは誰ですか?

 

その他にも取捨選択をした記憶を思い起こしてみてください。

大きな買い物などでも結構です。

 

誰が決めたこと?

いかがでしたでしょうか?

その中で、自分で決めたこと他人が決めたことがあったと思います。

まず、「自分で決めたこと」について、あなたは現状満足していますか?

そしてその結果について後悔していますか?

 

一方で、「他人が決めたこと」についてはどうでしょうか?

現状満足していますか?または後悔していますか?

 

自分で決めたこと

 f:id:torute3:20180718172709j:plain

「自分で決めたこと」について、満足していない場合もあるでしょう。

では後悔しているかどうかについて考えてみてください。

案外、後悔していないのではないでしょうか?

若しくはそんなに引きずっていないのではないでしょうか?

 

これは、「自分で決めたことだから仕方がない」という心理が働くためです。

裏を返せば、「人のせいにできない」からです。

 

他人が決めたこと

では「他人が決めたこと」についてはどうでしょうか?

同じように、後悔しているかどうか考えてみてください。

「自分で決めたこと」と比較して、後悔していることが多くありませんか?

 

これは、「こうなったのは〇〇のせいだ」という心理が働くためです。

人間はつらいことや嫌なことがあった時に、その原因を探してしまいます。

これは自制できる思考を持っている人以外は、自然と脳がそのように働きますので、抑えようと思っても難しいです。

 

脳の仕組み

 f:id:torute3:20180718173021j:plain

その原因を自分に求めてしまうとつらいので、他人に求めてしまうのです。

他人に求めてはいけない!と、矛先を自分に向けてしまう方は優しい…という概念を超えて、非常に危険です。

これが鬱になる思考と言っても過言ではないでしょう。

自己防衛のために、脳が原因を他人に求めているのです。

 

脳はこのように、原因を外へ求めます。

ではそもそも「他人が決めたこと」は、本当に他人が決めたことなのでしょうか?

 

他人が決めたこと?

他人が決めるとは、余程の圧力、暴力的であったり奴隷的であればそうでしょう。

幼い子供は親に逆らえません。

親次第で子供がどのように育つかが決まっていきます。

親に支配される年齢は個人差はあれど、中学生くらいまでは親にほぼ決定権があります。

 

もちろん子供の意思を尊重する親であれば、どの中学校へ行くかまで選ばせてもらえるかもしれませんが、かなり少数でしょう。

ではどの高校へ行くか、どの大学へ行くか、当然親が介入してくることもあります。

しかしこの辺りの年齢になれば、子供も自分の意思を親に伝えるべきです。

ただ単に敷かれたレールを行くのは、怠慢と言わざるをえません。

後に後悔するようなことがあれば、大きな挫折を味わうでしょう。

 

更にこの先、就職や辞職、結婚や離婚ということになれば、これはもう立派な大人です。

仮に他人の意向が働いた、他人の意見を聞いた、そうであっても、

最終的な決定・決断をしたのは、あなた「自分自身」です。

ここを履き違えてはいけません。

 

人のせいにしない

f:id:torute3:20180718173426j:plain

明らかに「自分が決めたこと」以外は、脳の仕組上、他人に原因を求めてしまいます

現状に満足していない、後悔している人は、過去を思い出しては「あの時あいつが言ったから…」「親のせいだ」と他人のせいにしていませんか?

本当にそうであれば、その人のことを恨む気持ちも仕方がないかもしれません。

でも過去は変えられません。

今を精一杯生きて、未来を楽しいものにしていく思考にしていきましょう。

 

ではそうでないのであれば、先程申し上げたとおり、最終的に決定・決断をしたのは、あなた自身です。

潔く自分の責任を認め、現状をどうしたら良いか、未来をどうしていくかを考えていきましょう。

自分を責めすぎて鬱になる必要はありません。

「終わったことは仕方がない」「過去は変えられない」

これを念頭に切り替えていきましょう。

 

自分で決めていく

f:id:torute3:20180718173952j:plain

このように「自分で決めたこと」以外は、上手くいかなくなった時に後悔する傾向が強くなり、他人のせいにしてしまいます。

逆に「自分で決めたこと」であれば、他人のせいにしようがありません。

その結果に納得して前に進むことができます。

 

ではこれからどうしたら良いのでしょうか?

それは意識的に「自分で決めていく」ことです。

他人から何を言われようと、自分で決定・決断をする。

他人からの意見を聞いたとしても、最終的な責任は自分で取る。

このような心掛けで、能動的・主体的に「自分で決めていく」ことが大切です。

   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ克服法へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ