明鏡止水☆色即是空

うつ闘病記、婚活、日本一周旅行、公務員回想録を主としたブログです

デートその後

初デートを無事に終え、それからの3週間は夢のようだった。

当然デート当日には帰宅後にラインでやり取りし、お互いの距離の縮まりを実感できるような文面に変わっていた。

やり取りのペースは毎日ほぼ決まった時間に数通。

この変わらぬ安定感も、心に安堵感を与えてくれていた。

 

ある週末には

「としおさん、今日は家族で花火にきてますよー!とっても綺麗です。」

そういって花火の写真が送られてきた。

「イイね~地元の?この時期はやっぱり花火だよね。いつか愛ちゃんと行きたいな♪」

「そうです、地元の!毎年来てるんですよ~」

…と、肩透かしを食らうのも慣れてきた。

いや、慣れていいのか??

でもこうやって愛ちゃん側から主導的に送られてくるのはまんざらでもない。

 

次のデートもこちらで全てプランを考え、当日のお楽しみとすることにした。

妄想は膨らむばかりで、次回はここへ行ってあれをして、その次はあそこへ行ってこうしよう、等と先々まで考えている。

ちなみにネットを調べていると、3回目くらいで告白するのがベストのようだ。

まあこれはあくまで参考程度なんだろうけど、否応にも意識してしまう。

これまで恋愛もしてきたし結婚もしたんだからって思う一方、久しぶり過ぎるのと婚活が初めてというのと相手が若い子ってのもあって、頭が混乱している。

完全に恋愛初心者モードになってしまった。

 

そんなわけで2回目のデートはお互いの趣味を重視しよう!と勝手に決めた。

そう、お互いアニメ・ゲームが好きなのである。

「愛ちゃん、次もお楽しみにね。集合時間と場所はこないだと同じでいいかな?」

「お疲れさまです☆またお任せしちゃってすいません(^^; 私はもちろんいいですよ!遠くまで来てもらってありがとうございます。」

後はデートの中身だけなので、いろいろ調べて計画を立てた。

これならきっと愛ちゃんも喜んでくれるだろう。

 

デートまであと1週間に迫ったある日、こんなメールがきた。

「としおさん、そういえば聞きたいことがあるんですけど、離婚した理由って何ですか?言いづらいとは思いますけど、差し支えない範囲で教えてください。」

…ついにきたか。

いや、そりゃそうだ。いつかは言わないとと思ってたけど、最初から話すのもおかしいし、告白前には言っておかないととは思っていた。

Omiaiのプロフィールで理由まで書いておくのはこれもまた変である。

「お疲れさまです。愛ちゃんのほうから言わせてゴメンね。今度言おうと思っていたけど、全然隠すようなことじゃないから言うね。離婚した理由は〇〇です。心配だと思うから、詳細は今度の時に直接話す形でもいいかな?」

「いえいえ!やっぱり気になったので。〇〇だったんですね~。はい、また今度の時に聞かせてくださいね。」

とりあえずは良かった。こういうことは直接話さないとしっかり伝わらないから。

 

そうして2回目のデート日がやってきた。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ克服法へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ