明鏡止水☆色即是空

うつ闘病記、婚活、日本一周旅行、公務員回想録を主としたブログです

公務員 辞めた ②

f:id:torute3:20180822141211p:plain

こんにちは、とるてです。

前回の続きを書いていきます。

 

公務員はそれでも、他にはないメリットがあることも事実。

イメージと、中から見た事実と違うのかどうか?

その辺りをご紹介します。

 

公務員のイメージ

みなさん、公務員というとどんなイメージをお持ちでしょうか?

私が学生の頃に思っていたイメージはこんな感じです。

 

  • のんびりしている
  • 定時で帰れて残業が少ない
  • アフター5で趣味等に没頭できる
  • (身分が)安定している
  • つぶれることがない
  • 給料もそれなりにもらえて困らない

 

このようなイメージを持ち、このような理由で選択したのが私でした^^;;

しかし同じような理由で公務員を目指している人は多いと思います。

実際周りにもいましたし、親から言われて…という理由の人もいました。

 

公務員のメリット

では実際はどうだったか?私の場合ですが1つ1つ考えたいと思います。

  • のんびりしている
  • 定時で帰れて残業が少ない

これは部署によると思いますね。

常に忙しいところ、繁忙期があるところだと、本当に夜12時くらいまでとかあります。

一方で暇な部署はかなりのんびりしていますね。

 

全体的に見たら、民間企業と比べたら、一般的にはのんびりしていると思います。

ただ残念なことに、忙しくないのに忙しそうにする人、生活残業をする人、仕事ができなくて残業が多い人、わざと余計な仕事を作る人、こういった人たちが一定数います。

 

その為に、周りが帰りづらくなり、カラ残業…なんてことがあるのも公務員ですね。

こんな時にさっさと帰るとやることはやっていても、白い目で見られたりします。

 

  • アフター5で趣味等に没頭できる

上のと被りますが、残業が少ない部署であればできます

人生の生きがいを趣味に求めたいのであれば、オススメの職業かもしれません。

私もそのクチでしたが、環境の変化等もあり実現できませんでした。

 

  • (身分が)安定している
  • つぶれることがない

これはもしかしたら一番のメリットかもしれません。

夕張市の財政破綻、大阪市の分限免職、などがTVで取り上げられたりもしましたが、これはほんの一部であり、まず無いことであるからこそ話題になったとも言えますね。

余程のことがない限り、自分から辞めると言わなければ居座れます(笑)

 

実際のところ、全く仕事をせずに1日中ネットをしている人、ウロウロと庁内を歩いている人、世間話に花を咲かせる人、こんな人達ですらクビになることはなく、がっぽりと給料をもらっています。大体役職がついているので、給料が安い新人からしたらやる気を削がれる要因となりますね。降格すらほとんどありません。

 

ただ、これからの時代も確実に安定!と言えるかは別問題だと思います。

この辺りはまた記事にできればと思います。

 

  • 給料もそれなりにもらえて困らない

ここも大きなメリットです。

普通に生活する分には十分過ぎる程の給料がもらえます。

地方からしたら、むしろ高給取りの部類ではないでしょうか?

昇給あり、賞与あり、無駄遣いしなければどんどん貯まっていきますよ。

 

よく大企業等と比較して「公務員は大した給料じゃないから~」とかいう公務員がいますが、それは当たり前だ!と言いたいです。自虐でいう職員が何人かいましたが、むしろその仕事内容でもらいすぎだよ!と思うくらいです。

 

人事院勧告に基づいて、ほぼみんな右にならえの給与になってますが、この人事院勧告が曲者で、建前は民間給与の平均と同等と言っています。しかしこの民間給与が、いわゆる大手企業、一部上場企業のようなところしか参照していないんですね。日本は中小企業が99%を占めると言われていますが、本来なら中小企業も入れないとおかしいです。

 

  • その他のメリット

入ってから実感したものには他に、共済年金、有給の取得しやすさ(休みの多さ)、退職金の多さがありました。福利厚生という観点からは、かなり恵まれていると思います。先程書いた仕事しない職員ですら、退職金は2000万円以上もらってますからね。日本人は公務員に対して寛容すぎると思います、ホントに。

 

 ↓参考記事

ironna.jp

ironna.jp

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回は公務員のメリットについて書きましたが、メリットはたくさんあります。

ですので目指す価値は十分にあると思いますよ。

 

私がそれでも辞めたのは、「公務員 辞めた ①」のとおりであったり、やりがいを求めたかったことであったりでした。これは公務員になったからこそ分かったことであり、なって良かったと思いますし、辞めたことも後悔していません。

 

公務員を辞めたい人に向けた記事を作成しました。

ぜひ一度ご覧ください!

www.torute3.com

 

前の記事

www.torute3.com

 

 

   

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ克服法へ にほんブログ村 恋愛ブログ 再婚活・再婚活動(本人)へ にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ